社会福祉法人大三島育徳会|東京都世田谷区|特別養護老人ホーム|ショートステイ|グループホーム|デイサービス|ヘルパーステーション

 

2020年 年頭の辞

   
2020年 年頭の辞
2020年1月1日
社会福祉法人大三島育徳会  
理事長 田中雅英
 
あけましておめでとうございます。みなさまお元気で新春をお迎えのことと心からお喜び申し上げます。
2020年、年頭にあたり、ひとことごあいさつ申し上げます。
 
 令和の時代に臨んで
 平成が終わり、令和の時代が始まりました。私は、大きな変化の波に見舞われる時代になるように思います。今年、国内においては、東京オリンピック・パラリンピックの開催前に、東京都知事選挙があります。また、衆議院の解散総選挙の可能性が高まっています。(衆議院はおおよそ2年半ごとに選挙が行われています)
 国外においては、いまだに米中貿易摩擦の行方が定まりません。対北朝鮮、中東情勢ともに一段と緊迫化しています。英国のEU離脱による経済的影響も顕在化していくでしょう。そして、自然環境の変化により、地震、台風、洪水などの自然災害が毎年のように襲ってくることが危惧されます。令和の時代は変化に対応しなければならない時代ともいえるかもしれません。さまざまな社会状況や自然環境の変化に対して備えが必要になります。社会福祉においては、働き方や事業の効率化をいかに高めるかが課題になっていくのではないでしょうか。厳しい環境の中、生き残るためにわれわれもまた変化しなければなりません。
 昨年、財政制度等審議会、未来投資会議において、介護サービス事業者に関わる改革の方向性が示されました。事業者の経営の効率化・安定化の観点に加え、介護人材の確保や有効利用などの観点から経営主体の統合・再編を促進する施策が打ち出されました。「社会福祉連携推進法人」の創設です。本部機能の統合、給食事業の共同化、物品等の共同購入による経営の効率化、介護職員の確保・育成、多様化・複雑化する福祉ニーズへの対応を図る狙いがあります。本法人もこうした新たな制度の流れに乗っていくことが求められるでしょう。
 
 令和2年の抱負
 昨年10月、目黒区の社会福祉法人三交会の理事長に就任しました。大三島育徳会の理事長と兼任になります。そして、三交会が運営する特別養護老人ホーム「青葉台さくら苑」を再生させる役割を担うことになりました。現在、目黒区、目黒区社会福祉事業団の協力のもと、大三島育徳会の職員と三交会の職員が手を携えて、全力で立て直しに取り組んでいます。金銭の貸借をのぞけば、まさに社会福祉連携推進法人の目指すべき連携が始まっています。大三島育徳会の支援により三交会が生まれ変われば、新しい制度におけるモデルケースとなるかもしれません。
 一方、大三島育徳会の運営に影響が出ないように努めなければなりません。二つの法人が緊密な連携をすることで相乗効果を生み出して経営強化を図っていきます。人材確保においては、「青葉台さくら苑」にならって、外国人介護士の雇用を開始いたします。令和2年度、博水の郷でも特定技能実習生として二人のベトナム人を採用しました。  9月までには入職する予定です。今後、人事確保、研修、人材交流には特に力を入れて連携していきます。
 
 最後に、
 当法人の理念は「地域に根差した福祉の実践」です。大三島育徳会は、ご利用者・家族、地域のみなさまのセーフティネットとして、より頼りにされる法人になります。どうぞ変わらぬご指導、ご支援をお願いいたします。
174229
<<社会福祉法人大三島育徳会>> 〒157-0077 東京都世田谷区鎌田3-16-6 TEL:03-5491-0340 FAX:03-5491-0343