本文へ移動
2
9
1
0
8
1
社会福祉法人大三島育徳会
法人本部
〒157-0077
東京都世田谷区鎌田3-16-6
TEL.03-5491-0340 (代表)
FAX.03-5491-0343 (代表)
 
※各事業所の所在地については、各事業所情報をご確認下さい

職員のページ~談話室

このページは、 

職員の魅力を伝えたいという想いで作成しました。

特養 ゆり・ばらユニット

2016-10-11
 こんにちわ。博水の郷、ゆり・ばらユニットの萩澤です。入社してようやく半年になります。
先輩方に支えられ、利用者様に励まされ、感謝と学びの日々を過ごしています。
 
 さて、私は元来、家でボーっとしているのが好きで大した趣味もありません。唯一ウォーキングは、続いているでしょうか。
友人と、羽田沖まで多摩川の土手をテクテク歩いたり、野川を歩き水鳥を間近で眺めて楽しんだり。
 高尾山もいいですよ。天狗焼き(黒豆のあんこがはさまれています。)ほおばりながらのんびり歩くのも悪くないです。
 不思議なことに、仕事から帰って来て腰がだるいな~と感じても、ウォーキング終わって帰ってくると、いつの間にかだるさが取れて楽になっています。
 これからウォーキングに適した季節になります。自然とふれあいながら、ウォーキングを楽しみたいですね。

☆デイサービス課 職員紹介☆

2016-09-27
皆さまこんにちは。

デイサービス課では、自己紹介として職員が『10の質問』に答えていきます。
職員の人となりや、意外な一面、新たな魅力などを知っていただけたら、と思っています。
 
今回は、「デイサービス博水の郷」課長の野村麻実(のむらあさみ)です!
 
①入社年月日 : 平成18年4月1日
 
②出身地 : 栃木県
 
③ニックネーム : 特になし
 
④趣味・特技 : 食べあるき
 
⑤好きな食べ物 : アイス、ビール
 
⑥嫌いな食べ物 : 甘えび
 
⑦好きな場所 : 食卓
 理由 : 好きな人たちと囲むテーブルで過ごす時間が幸せだから
 
⑧座右の銘 : 笑う門には福来たる。
 
⑨所属する事業所の自慢したいところ : 協力しあう仲間
 
⑩この仕事をする上で大切にしていること : ご利用者も職員も自分もワクワクできる時間を過ごすこと。
 
 
以上、野村麻実の『10の質問』はいかがでしたか?
次回のデイサービス課の職員紹介もお楽しみに♪

夏の思い出

2016-09-18
介護課の山本です。
梅雨に入る頃から、我が家はあわただしくなります。
私の家では、お米を作っています。
種まき→田植え→稲刈り→新米
お米のありがたさを身に染みて体験しております。
先日稲刈りが終わり、刈り取ったお米を乾燥、脱穀し新米を食べることができました。
少しですが、ご利用者さんにもおすそ分けをし、大変喜んでいただくことができました
もう1つ夏の思い出として、、、
我が家は、毎年夏休みに京都に旅行に行きます。今年は、奈良・京都の旅でした。
奈良で鹿に初めて、鹿せんべいをあげる子供たちが大泣きし、にげまわってしまいましたが
それもいい思い出でした。

ありがとう・・・そして、さようなら・・・・

2016-09-05

あなたと初めて会ったのは殺風景な郊外にあるお見合いの席だったね・・・

前カノとの別れを予感していた私の前に突然現れたあなた・・・

あなたに一目惚れしてしまった私の猛アタックを受けて、付き合い始めたのがまるで昨日のよう・・・

雨の日も風の日も、そして猛暑のときも、いつも私を包み込んでくれた・・・

 

じゃじゃ馬ゆえに突然唸りを上げて、私を困らせることもあった・・・

あなたをかわいがりすぎたため、予定していた子供の出産にも立ち会えず、家内に呆れられたこともあった・・・

 

10年以上も一緒にいたのに、まさかこんな日が来るなんて・・・

 

ありがとう・・・そして、さようなら・・・・ 

トヨタ ラウム・・・・

私たち家族はあなたと一緒に過ごした素晴らしい思い出の日々を絶対に忘れないよ・・・

 

事務室 H・K

 

グループホーム・共用型デイサービス やまぼうし

2016-09-01
「こどもの め」 佐藤 幸枝(介護職員)
 
 もうずいぶん昔のことになります。
私は、小さな町で育ちました。
「自分たち(家族、親族)の事は自分たちで」
そんな風潮の中、尋ねる人も無い寝たきりになった独居老人の所に時々通ってくる人がいました。
まわりの人の目は決して温かなものでなく、むしろ興味の対象となっていました。
困っている人がいて手を貸すのが当たり前のことで、どうしてそんな風に噂するのか。
あまりいい気持ちがせず、大人になったらあの人のようにお世話できる人になりたいと思いました。
ずいぶん経ってから、通ってきていた人は家庭奉仕員の方と知りました。1960年ころの話です。
 
それから約50年、今頃ですが縁あって介護の仕事に就くことができました。
今の「こどもの め」には介護の世界はどんな風に映っていて、どんなふうに聞こえているのでしょうか? 
時々思い出します。
TOPへ戻る